1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫働き方・雇用形態を考える

働き方改革!自分に合う働き方どれだ?

介護士の色んな資格を持っている方であれば介護士の専門性を生かして様々な働き方をすることができます。

収入を重視する働くという選択肢やプライベートや育児・家事を両立するためにゆとりを持って働くという選択肢もあります。

介護士のお仕事は、どこも人材不足に悩まされています。少しでも介護士の方を確保しやすくするために介護施設でも介護士の方が働きやすいような取り組みも進んでおります。
最近では多様な勤務形態を用意するなどどんな人でも対応できるように介護士の方の希望を考慮している施設が増えております。

自分の都合を最大限に優先して働き方にはもってこいのはずです。
ここでは雇用形態別にそれぞれの転職のメリットとデメリットについて詳しくご紹介しています。

自分では考えもしなかった新しい選択肢が見つかる可能性もありますので、働き方や雇用形態について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

常勤(夜勤あり)

夜勤ができる常勤介護士は、施設から最も強く求められている介護士でもありますので、求人数も多く、強い採用ニーズがあります。
ただその分、一人一人の負担も大きく体のリズムを崩してしまい体調不良に陥るという人も少なくないようです。
慎重な転職が必要です。

常勤(日勤のみ)

日勤のみの常勤として働く介護士場合は、子育て中のママや、体力的に夜勤が厳しいという人など様々です。
ただ体力的に日勤の方が楽というとそうとも言い切れないケースもあります。
自分に合った働き方を見極める必要があります。

夜勤専従

夜勤のみの出勤となる夜勤専従介護士は、深夜勤務手当がつくため短時間で効率的に収入を稼ぐ上ではとても魅力的です。
ですが人数が少ない分、一人の負担が大きいのが特徴です。
また、休憩もろくに取れない場合もよくあります。
夜勤専従ならではの難しさもあるので慎重な転職が必要です。

非常勤(パート・アルバイト)

常勤の正職員ではなく、パート・アルバイトの非常勤職員として時給制で働くスタイルは、結婚や出産後の介護士の方からも人気があります。子育てをしながら常勤として介護の仕事をするのはとても難しいもので結婚前・出産前と同じ勤務内容で仕事復帰をしても、続かず非常勤の介護職に転職を考える人もいます。
慎重な転職が必要です。

派遣

介護士資格を活かして、派遣社員として働くという道もあります。
派遣の場合、施設などの派遣先はもちろん、長期派遣、短期派遣、スポット・単発派遣など働き方も柔軟に選べるので魅力的です。
派遣社員は直接雇用ではないので、仕組みをしっかりと理解しましょう。

短期・単発アルバイト

介護士資格を持っていれば、専門性を活かして短期・単発の派遣やアルバイトをすることも可能です。
自分の都合に合わせられ家事や育児をしながらでも仕事がしやすいのが人気です。
どうしても時間が限られている方にはおすすめです。
お小遣い稼ぎや離職期間中のつなぎとして活用しましょう。

介護求人netのおすすめ介護求人・転職サイト!

  • かいご畑
    人気のある介護士転職求人支援サイト
    仕事をしながら無料で資格を取ることが出来る。

  • スマイルSUPPORT介護
    求人情報の約7割が非公開求人。
    条件の良い非公開求人もたくさん扱っています。

  • きらケア派遣
    首都圏を中心とした派遣・求人情報を扱っている
    キャリアコンサルタントが全面的にサポート。