1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫転職手段を比較する

おすすめ5タイプの介護士の転職手段を比較!

介護士の方が転職する手段は様々な方法があります。
求人広告やハローワークだったりとありますが最近は転職支援会社を利用して転職活動をする方も増えてきております。
また、サービスなどを利用しないで知り合いや友人の紹介で仕事を見つける方もいます。

納得いく転職をするためにそれぞれの手段のメリットとデメリットも交えながら必要に応じて複数の転職方法を組み合わせてはいかがでしょうか。

自分に合ったスタイルの転職活動で上手に組み合わせながら進めて納得いく転職活動にしていきましょう。
下記には転職活動手段の詳細を掲載していますのでご参考にしてください。

求人広告サイトから探す

求人広告サイトは、施設が求人広告会社に広告費用を支払い、採用広告を掲載しているウェブサイトです。
最近では転職支援会社も一緒になっていて介護士の方々の利用者数も急激に増えています。とても便利なサービスです。広告の場合は応募後の手続きは施設の担当者と直接やりとりすることになります。自分に合った転職先を探してみてください。

ハローワークから探す

ハローワークというと失業給付や職業訓練などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、求人の紹介も行っています。
公的機関なので安心感があります。
採用側の負担もなく求人数も多く地元の情報も集まる傾向があります。
自分に合った転職先を探してみてください。

全国老人保健施設協会から探す

全国老人保健施設協会は社団法人として設立された全国組織です。
ホームページでは、会員施設である会老人保健施設での求人情報を紹介しています。
介護老人保健施設に転職先を絞っているという方であれば見てみてはいかがでしょうか
自分に合った転職先を探してみてください。

知人・友人の紹介から探す

知人・友人の紹介経由で転職する方法です。
介護職への転職をした人の実に3割以上の人が、知人や友人の紹介先へ転職しているのです。
知人や友人の紹介であれば、転職をする前に細かい情報まで教えてもらうことができますね。自分に合った転職先を探してみてください。

自分で直接応募して探す

求人広告サイト、ハローワークなどを活用せずに、施設に直接自分から連絡をして、面接のお願いをする方法です。
もしも自分が「ここで働きたい」とはっきりと明確なことが決まっているのであれば、自ら求人情報を探し、直接応募をすることも選択肢の一つになると思います。
自分に合った転職先を探してみてください。

介護求人netのおすすめ介護求人・転職サイト!

  • かいご畑
    人気のある介護士転職求人支援サイト
    仕事をしながら無料で資格を取ることが出来る。

  • スマイルSUPPORT介護
    求人情報の約7割が非公開求人。
    条件の良い非公開求人もたくさん扱っています。

  • きらケア派遣
    首都圏を中心とした派遣・求人情報を扱っている
    キャリアコンサルタントが全面的にサポート。