1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士転職に成功する為の面接対策:面接のアピール編

介護士転職に成功する為の面接対策:面接のアピール編

介護士転職で面接を受ける場合、重要になってくるのは自己アピールではないでしょうか?

求人情報などとみてみると、応募要項にどのような人を求めているのか、最低限書かれていますよね。

つまり、求人の中で最低限の資格や免許などは書かれていてそのような人があつまるわけですから、面接で採用担当者が一番見たいのはその人の人柄とやる気なのです。

もちろん履歴書にも志望動機や自己アピールポイントを記入する欄はあります。

しかし、履歴書に記入されている内容よりも直接あなたの口で話した方が説得力も感じられます。

では、もしも介護士転職で面接を受けるときに、採用担当者から自己アピールポイントや志望動機を質問された場合、どのように答えればいいのでしょうか?

面接のアピール編

介護士転職での面接でプラスイメージになる自己アピールといえば、

  • 自分の長所(強み)を話す
  • 強みを生かした成功体験を話す
  • 自分の言葉で話す
これらが重要なポイントとなってきます。

自分の長所(強み)を話す

まず自分の長所(強み)を話すという事です。

自己アピールをするときに、自分の短所やマイナスポイントを話しても採用担当者は「この人を採用したい」とはあまり考えませんよね。

特に求人情報の中にも、応募条件として「明るい人」「責任感のある人」などと、ポジティブさを求められるのが介護士なのです。

もちろん人によっては自分の長所を話すことは難しいことだと思います。

しかし求人の応募要項にある通り、ここでは自分をしっかりとアピールしていかなければ採用にはつながりません。

もしも自分自身のことを話すのが難しい場合には、前職の介護施設などで人に言われたことを思い出して話すと話しやすいかもしれません。

例えば、「人からはちょっとのことではくよくよしないとよく言われます」などというといいでしょう。

もう一つ、自分の長所を話す時に注意してほしいことがあります。

それは、同じ介護士の転職でも転職先によって求められる人柄が違ってくるという事です。

例えば、デイサービスなどの場合には毎日レクリエーションが行われることが多いですよね。

その場合、人前にもしっかりと出ていける度胸なども必要になってきます。

ちゃんとその介護施設に必要とされる自己アピールをすることも大切なのです。

強みを生かした成功体験を話す

次に、強みを生かした成功体験を話すこともとても大切になってきます。

今まで介護士転職の場合、前職でも介護士の仕事をしてきていますよね。

人によっては様々な介護施設などを経験し、いろいろなこともあったと思います。

その中で、特に自分のスキルや特技、そして強みを生かし成功体験談を話すことで、より具体的に相手にアピールをすることができます。

自分の言葉で話す

最後に、自分の言葉で話すという事。

意外と多いのが、自己アピールの場でどこにでも書いてあるようなありきたりな言葉でアピールしてしまう事。

採用担当者の人は、あなた以前にも多くの求人を出し、面接を行ってきています。

その為、そのような言葉はもう嫌というほど聞かされているのではないでしょうか?

やはりありきたりの言葉は確かに説得力はあるかもしれませんが、印象に残るものではなく、結果あまりあなた個人のイメージとしては残りにくいものになってしまうのです。

たとえ話の内容自体は多少稚拙なものになってしまったとしても、あなた自身の言葉でアピールをすれば、それだけ採用担当者の記憶に残りやすくなり、良いイメージにつながっていくのです。

転職サイトなど上手に利用しよう!

介護士転職での面接の場で大切なのは、どのような質問にもポジティブな内容を話すという事。

特に多いのは、転職理由を話す場面で、前職のマイナスポイントを話してしまう事。

例えば、仕事がとても忙しかった、人間関係に悩んでいた、夜勤が多く体力的に厳しかったなどという転職理由。

介護職の転職理由の多くはこのような仕事に対する悩みが多いのです。

はっきり言って、採用担当者の人はそのような意見は求めていませんし、世間話を聞いているわけでもありません。

それに、前職のマイナスポイントを話すと、「この人は求人情報の給与や休みなどの条件ばかり見て応募してきたのかな」と思われてしまいます。

実際にネガティブな発言はマイナスポイントとなり、採用につがならなくなってしまうこともあります。

あくまで介護士転職での面接の場合には、自分のプラスイメージを前面に押し出す感じで話すことが大切なのです。

介護職というのは常に人手不足ゆえに、いつでも多くの求人が出されています。

しかし、求人情報が多いゆえに自分に合った求人を見つけることは難しいものです。

さらに、人手不足で求人を出しているからと言って応募すれば絶対に採用するというほど採用側も安易には考えていません。

しっかりと介護士転職の際には、面接で自分の長所をアピールして採用につなげるようにしたいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA