1. ホーム
  2. 介護士求人・転職情報を探す
  3. ≫【栃木県の介護士求人情報】『宇都宮市』にある施設のオススメ求人

【栃木県の介護士求人情報】『宇都宮市』にある施設のオススメ求人

栃木県の介護士求人・転職情報をお探しですか?

栃木県の介護士求人情報

北関東の中心である栃木県、その県庁所在地である宇都宮市は「餃子の町」として知られていますよね。
宇都宮有する栃木県は、実は関東では介護士の給与が一番低いとされているのです。
だからと言って、介護士の転職率が高いとは言い切れません。
ここではそんな宇都宮の介護士求人のおすすめポイントをご紹介します。
宇都宮市での介護士として転職するときのおすすめポイントは、

  • 介護職の求人が多い
  • 若い介護職員が多い
  • とちぎ福祉プラザにある福祉人材研修センターでは介護の求人紹介を行っている

『スマイルSUPPORT介護』が栃木県の介護士求人情報を提供

『スマイルSUPPORT介護』が栃木県の介護士求人情報を多く掲載しています。
他にも非公開求人も有り、栃木県でお探しの方には必見です!
介護士求人をご紹介希望の方は是非、ご登録ください!

介護職の求人が多い

まず、介護職の求人情報が多いというメリットがあります。

介護士から介護士への転職、もしく別の職業から介護士へ転職を考えた時にまず必要なのが求人情報ですよね。

その時に基準となるのが、求人倍率です。

宇都宮市有する栃木県では、全体の職業の求人倍率が1倍を切っているにもかかわらず、介護職は1.75倍とかなりの高倍率となっています。

求人倍率が高いという事は、それだけ多くの介護士の求人が出されており、さらに自分に合った求人・転職先を見つけやすいということが言えます。

つまり、宇都宮では自分に合った介護施設への転職がしやすいということが言えます。

これは、宇都宮市の高齢者の割合が増えているということからつながってきます。

栃木県全体では、年々人口が減少傾向にある中、高齢者の割合は増加傾向にあります。

それに伴い介護認定者数も宇都宮がトップの18000人となっていて、さらに介護施設も増加傾向にあるのです。

介護施設が増えればそれだけ介護士の需要も増えることとなり、介護士の求人も増えることにつながっているのです。

若い介護職員が多い

次に、若い介護職員が多いという事。

全国的に見ると、特に若い世代というのはあまり介護士に転職したがらないという傾向があります。

その為、介護士の平均年齢は全国的に44歳となっています。

しかし、栃木県に関しては介護士の平均年齢は42歳と全国平均よりも若干若めとなっています。

さらに、一番少ない25歳~30歳の介護職員は全国平均8%ほどに対し、栃木県は12%ほどとかなり高くなっています。

つまり特に若い世代にとって同世代の同僚が多いという事はそれだけ意思の疎通を図りやすく働きやすい職場への転職がしやすいと言える思います。

福祉人材研修センターでは介護の求人紹介を行っている

最後に、とちぎ福祉プラザにある福祉人材研修センターでは介護の求人紹介も行ってくれるということです。

もちろん宇都宮市の介護求人情報は各求人サイトやハローワークなどでも紹介されていますが、地元に密着した福祉人材センターでの求人情報の照会は安心できますよね。

さらに、ホームページからも閲覧できるので、わざわざ足を運ばなくてもネットで利用できるというのもうれしい点です。

『宇都宮市』にある施設のオススメ求人

宇都宮市の介護士として転職を考えた場合、求人情報を見ると、決して賃金は高いとは言えません。

むしろ、全国平均から比べると低めだということが言えます。

にもかかわらず、離職率だけを見てみると、全国平均よりも若干低いという結果が出ています。
これは、賃金だけにこだわらず職場自体が働きやすい環境が整っているともいえるのではないでしょうか?

さらに、介護士の離職は飲食業などの離職率(20%以上)に比べるとかなり低い数値でもあるのです。
そして、離職率が低いにもかかわらず介護職員は増加しており、宇都宮市全体の介護職員は増加傾向にあるといえるのです。

賃金は決して高くはありませんが、若い介護職員が多く活躍する宇都宮市の介護士事情。

もしも宇都宮で介護士として転職したいと閑雅ているのであれば、ぜひ求人サイトや先ほどご紹介した福祉人材研修センターのホームページなどをのぞいてみてください。