1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士求人票の間違わないチェックポイント

介護士求人票の間違わないチェックポイント

介護士として転職をするときに見ることになる求人票ですが、転職をする際にはいくつか押さえておきたいポイントがありますよね。

では、実際にどのような点に注意して求人票を見ていけばいいのでしょうか。

介護士求人票を間違わない為に

  • 転職先に求める優先順位を決めておく
  • 雇用条件をしっかりと確認する
  • 気になるところは実際に問い合わせる
このような点を抑えておけば、自分の希望に合わせた転職先を探すことができると思います。

転職先に求める優先順位を決めておく

まず、介護職への転職を考えるときに一番大切なのは、転職先の職場に何を一番に求めるかということです。

前職の介護施設から転職をしたということは、何らかの問題があったからということがほとんどだと思います。

となると、転職を考えて求人票を見る際に、まず注目すべきところは、前に勤めていたところの問題点がその介護施設で改善できるかどうかという点です。

例えば、より多くの賃金を求めるのであれば賃金の確認を、社会保障を希望するのなら保障がきちんと完備されているかどうかを真っ先に確認する必要があります。

ただ、介護職での転職を考えた場合、理由として特に多いのが人間関係。

なぜなら、介護職の場合、職場の人間関係に加え、利用者やその家族との関係もかかわってくるからです。

しかし、残念ながら求人票を見ただけでは人間関係の良し悪しはわかりませんよね。

実際に自分がその職場に身を置いてみないとどんな人間関係が築けるかはわかるものではありません。

ただ、賃金が高く、条件が良いにもかかわらずにいつまでも求人が残っている、いつも募集をかけているというところは人間関係があまりよくないのかもしれません。

雇用条件をしっかりと確認する

次に、雇用条件をしっかり確認することが大切です。

例えば、一番重要なのは就業形態。

特別養護老人ホームや有料老人ホーム、老人保健施設など利用者が宿泊する介護施設の場合には、職員は24時間365日利用者のお世話をする必要があります。

その場合、特に条件がなければ夜勤ももちろん覚悟する必要があります。

その為、夜勤をしたくない場合には、夜勤がないという条件付きの求人を探す必要があります。

他にも、残業手当や夜勤手当、遠くから通勤する場合には通勤手当なども重要なポイントとなってきます。

そして注意しなければいけないのは、求人票の内容だけでその介護施設の全容をつかみ切るのはとても難しいということです。

例えば、ハローワークの求人票を見てわかると思いますが、仕事内容や事業内容・会社の特徴という項目がありますよね。

気になるところは実際に問い合わせる

この2カ所を読むことによって、その介護施設がどういうところなのか、そしてどのような仕事を求められているのかがよくわかると思います。

しかし、この項目、事細かに書かれていることもあれば、ほとんど無意味な内容が書かれていることもあります。

その為、求人票の情報だけをうのみにせずに、わからないこと・不安なところはしっかりと確認したり、直接問い合わせることも時には必要になってきます。

もしも、面接の際に施設を見学させてもらう機会があるのであれば、その時にしっかりと見ておくことも大切になってきます。

介護職というのは、その仕事の大変さから転職を考える人が多い業種でもあります。

その為、求人票を見る際にも、ただ仕事内容や賃金だけを見て安易に決めるのはあまりよくありません。

結局は条件に合わずまた転職を考えることになることも少なくないからです。

転職サイトなど上手に利用しよう!

介護士が転職する際に求人票の情報をしっかりとみるということは最低限必要なことです。

さらに、転職を考えた場合には、自分が何を一番に求めて求人票を見るかによっても随分見方は変わってきます。

しっかりと求人票をチェックし、自分の希望に合った介護施設に転職できるといいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA