1. ホーム
  2. 求人・転職サイトの活用法
  3. 介護求人・転職サイトに登録後の流れ
  4. ≫⑤ いよいよ面接

⑤ いよいよ面接

介護士転職求人サイトで自分に合った求人情報を見つけ、応募をしたら、いよいよ次はその求人先での面接という事になります。

介護士として一度勤務をしたことがあるのであれば、介護士になるために面接を受けることは決して初めてではありませんよね。

とはいっても、やはり面接というのは、その介護施設に努めることが出来るかどうか、その合否を決めるとても重要なものです。

もちろん介護士として転職を考える場合には、それまでの経歴や履歴書の内容、そして保有している資格も大切ですが、実は面接の受け方によって合否が決まるという事がほとんどなのです。

しかし、実際にどのようなところに気を付けて面接を受ければいいのかなかなか難しいところですよね。

そんな時に面接での的確なアドバイスをしてくれるのが、介護士転職求人サイトの専属アドバイザーなのです。

いよいよ面接

では、面接を受ける際に、専属のアドバイザーはどのようなアドバイスをしてくれるのでしょうか?

  • 履歴書の書き方
  • 面接の受け方
  • 希望する介護施設の面接内容

履歴書の書き方

まず大切なのは、履歴書の書き方です。

履歴書というと、どの職種でも面接を受ける際には必ず必要になってきますよね。

しかし、意外と履歴書の書き方の基本がわかっていない人が結構いるのです。

介護士に限らず、履歴書の書き方がなっておらず、常識がないとみなされて書類選考で落とされてしまうパターンもあるのです。

しかし、介護士転職求人サイトなら、直接介護士として面接を受ける際の履歴書の書き方をきちんとアドバイスしてくれるので安心です。

介護士転職求人サイトの中には、直接自分で記入した履歴書を、採点してくれるというサービスを行っているところもあるのでぜひ利用したいところです。

面接の受け方

次に、面接の受け方です。

いくら高い学歴や介護士としての経験や資格を持っていても、実際に採用担当者が見ているのは自分の介護施設で働いてほしいかどうかというところです。

実際に、他の職種の採用担当者も、面接の際に履歴書の内容ももちろんですが、面接の際のその人の人となりや熱意などを見て採用を決めるという人が多いようです。

その為、面接を受ける際には面接の話の受け答えだけではなく、面接日に面接を受けに行ったその時から全ての姿を面接されていると言っても過言ではないのです。

しかし、はっきり言って自分だけでは相手にどのような印象を持たれているのかというのはわかりづらいもの。

介護士転職求人サイトの中には、そんな人のために面接の練習を行ってくれるところもあります。

希望する介護施設の面接内容

最後に、実際に面接を受ける介護施設の面接内容を大まかに教えてくれる介護士転職サイトの専属アドバイザーもいます。

特に、何度も直接その介護施設に足を運んでいるアドバイザーであれば、どのような人材を必要としているのか直接聞いたりしていたりしますよね。

そんな話をもとに面接のアドバイスをしてくれたり、多少採用は難しいと思われていても、アドバイザーが直接お願いすることで採用になるという事もあるようです。

転職サイトなど上手に利用しよう!

そうなるためには、ぜひ専属のアドバイザーと良好な関係を築いておくという事もとても大切なことなのです。

中には、今までに何度か転職を繰り返し、面接を受けてきたという人もいると思いますが、もちろん何度受けても面接というものは緊張するものですし、その介護施設によっても面接の方法や採用基準というものは違ってきます。

それに、面接の受け方も、自分ではよいと思っていても相手にとっては失礼にあたることを行っているなんて言うことも少なくありません。

そんな面接の仕方から履歴書の書き方までしっかりとアドバイスし、より自分が希望する求人を出している介護施設の面接に合格しやすくしてくれるのが介護士転職求人サイトの専属アドバイザーなのです。

希望する求人先の面接を受ける際には、遠慮なく介護士転職求人サイトのアドバイザーに相談していきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA