1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫転職の利用手段:自分で直接応募して探す

転職の利用手段:自分で直接応募して探す

介護職への転職を考えた時、ハローワーク・転職サイトなどの求人情報に頼らずに直接自分で応募するという方法もあります。

でも、自分で応募というのは相手から見れば全くどんな人かわからない人が応募してくるわけですから、とても不安ですよね。

では、直接応募で介護職の転職を考えた場合、他の方法よりも採用されにくいのでしょうか?

そもそも、直接応募というのはどのように転職先を探すのかというと、それは介護施設などが直接開いているホームページなどです。

多くの介護施設はホームページを持っていて、求人をしているときにはそちらに求人情報を乗せていることが多いのです。

もしも自分が「ここで働きたい」とはっきりと明確なことが決まっているのであれば、自ら求人情報を探し、直接応募をすることも選択肢の一つになると思います。

介護職での転職を考えた時に、自分で直接応募をするときのメリットは、

自分で直接応募を利用するメリット

  • 仕事が簡単に決まる
  • 自分のペースで動くことができる
ということではないでしょうか?

仕事が簡単に決まるという点

まず、ハローワークや転職サイトなどから求人を探して応募をすると、何をするにも間に入ってもらう必要がありますよね。

そうすると、思った以上に時間がかかったり、煩わしかったりするかもしれませんし、時間がかかることもあります。

それと比べると、直接応募をすることによって、面接や採用の決定がスムーズに流れるため、決まるときにはすぐに採用が決まります。

自分のペースで動くことができるという点

そしてもう一つが自分のペースで動くことができるということ。

特にハローワークの場合、ネットでも多くの求人情報を見ることができますが、実際に応募をする際には直接ハローワークに足を運ぶことが必要になってきます。

しかし、現在別の介護施設で働いているなどしてなかなか足を運ぶことが難しいという人も少なくありませんよね。

特にハローワークは平日、しかも開いている時間もかなり限られてしまいますし、混んでいるときにはかなり待たされます。

つまり、時間がない人には難しいと言えるのです。

もちろん、デメリットもあります。

自分で直接応募を利用するデメリット

それは、

  • 探す介護施設の求人情報が限られるので、自分に合ったところがあっても見落としがち
  • 募集をしている介護施設の得られる情報が少ない
ということです。

見落としがちという点

まず、自分自身で一つ一つ介護施設の求人情報を集めてそこから自分の気になったところへ応募するとなるとどうしても情報を集められる求人の数が限られてしまいますよね。

調べたところから妥協して選んで、結局自分に合わなくて後悔したなんていう人もいます。

得られる情報が少ないという点

そして、自ら直接応募するということで、他の人などに情報を聞いたりすることができず、得られる情報が少なくなってしまうということもあります。

しかし、考え方によっては、転職サイトなどを利用するよりも直接応募をした方が採用されやすいということもあるようです。

自分で直接応募の場合も転職サイトなど上手に利用しよう!

実は、転職サイトや転職エージェントを利用した場合、もしも採用になった時に事業所が転職エージェントに手数料を払うようになっているのです。

つまり、採用をすることでお金がかかるというわけなんです。

しかし、直接応募であれば、採用しても一切お金はかかりませんよね。

介護施設側も、なるべくなら余計な出費はかけたくないもの。

その為、転職サイトなどに求人を出していても、直接応募の方が採用されやすいといわれているのです。

しかし、逆にお金をかけてでも優秀な人材を集めたいと介護施設側が考えている場合には、逆に転職エージェントを利用したほうが採用されやすくなるわけです。

つまり、必ずしも直接応募で転職を考えた方が採用されやすいと言い切れるわけではないのです。

もしも簡単に介護職への転職先を探したいというのなら、自分で直接応募をするのはとても難しいかもしれません。

でも、有効な転職方法の一つと覚えておくのもいいですよ。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA