1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫転職の利用手段:知人・友人の紹介から探す

転職の利用手段:知人・友人の紹介から探す

介護職からの転職を考えた場合、やはりまず思いつくのがハローワークや求人サイト、そして直接の応募ですよね。

特に最近では気軽に多くの情報を集められる求人サイトが人気を集めています。

でも、意外と多いのが知人や友人からの紹介での転職なんです。

実は介護職への転職をした人の実に3割以上の人が、知人や友人の紹介先へ転職しているのです。

知人や友人の紹介で転職するということには様々なメリットがあります。

知人や友人の紹介で転職するメリット

例えば、

  • 求人を出す前の求人情報を知ることができる
  • 内部の人しかわからない職場や人間関係、給与や勤務体制などの情報を知ることができる
  • 知り合いだということで、通常の応募よりも内定がとりやすい
ということが挙げられます。

求人を出す前の求人情報を知ることができるという点

まず、実際に求人情報には載っていない情報を知ることができるということですが、もしも知り合いや友人がその施設で介護職をしていて、その施設が求人を出すことを決めた場合、情報を出す前に知ることができるということです。

もしもその介護施設が条件がよかった場合、求人情報を出してしまえばたくさんの応募があることが予想され、競争相手が増えることになります。

しかし、事前に情報を知ることによって、求人をする前に応募することができ、転職に有利になることが多いのです。

内部の人でしか分からない情報を知ることができるという点

次に、内部の人でしか分からない情報を知ることができるということ。

介護職の人が転職をする理由の中で多いのが、実際の求人内容や想像していた職場と実際の仕事とのギャップなんです。

でも、就職が決まった介護施設が実際にどのような職場か、そしてどのような環境・人間関係なのかなどは実際に働いて見ないとわかりませんよね。

もちろん求人情報に書かれている内容を見て応募して就職をしたら、実際には書かれている内容とは全く違ったなんていうことも少なくありません。

しかし、知人や友人の紹介であれば、転職をする前に細かい情報まで教えてもらうことができますよね。

その為、普通の転職よりも離職をする確率が低くなるといえます。

面接後に内定が取りやすいという点

最後に、知り合いだということで、面接後に内定が取りやすいということも挙げられます。

いくら知り合いといっても、それだけで介護施設ですぐ採用ということはほとんどなく、多くは通常通り面接を受けてから合否を確認することになります。

しかし、知人の紹介ということであれば、面接を担当する人もあらかじめその人の人となりや今までの介護施設での仕事の態度などを知ることができます。

そうすることによって、採用する側にも安心感が生まれ、内定が取りやすいといわれています。

知人・友人から転職先の介護施設を紹介してもらうなら上手に利用しよう!

つまり、知人・友人から転職先の介護施設を紹介してもらうということは、紹介してもらう側にとっても、求人を出している介護施設側にとってもメリットが大きいということになるのです。

ただ、もちろんデメリットもあります。

それは、知人・友人の紹介で面接を受けていると、途中で断りにくいということです。

紹介だからと言って、必ずしも自分に合った職場とは限りませんよね。

実際に、知人や友人の紹介で就職しても、実際に就職してからのトラブルというのも少なくありません。

その為、知人・友人の紹介で転職を考える場合には、紹介してくれる場所だから安心して転職できると軽く考えず、事前に良くその介護施設のことを聞き、納得したうえで応募をするようにしましょう。

自分自身が介護職をしていると、友人や知人にも同じ仕事をしている人は多いと思います。

その為、転職を考えた時にも、友人や知人から多くの情報をもらえる環境は整っているといえるのではないでしょうか?

もしも介護職への転職を考える場合には、出来ればそういう人から情報をもらって、より自分に合った施設・長く勤めることができる施設を見つけられるといいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA