1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士転職に成功する為の面接対策:良く聞かれる質問(志望動機編)

介護士転職に成功する為の面接対策:良く聞かれる質問(志望動機編)

介護士転職を考えて、求人情報を見るとき、どのようなところに重点を置いてみるかはその人によって違ってくると思います。

もちろん多くの情報の中から自分に合った求人を見つけ、応募をするわけですよね。

つまり、自分に合った求人という事は、そこにその介護施設に対する志望動機というものが生まれると思います。

そして、その志望動機というのは介護士転職の面接では必ずと言っていいほど聞かれる質問の一つなのです。

志望動機は率直な自分の気持ちを話すことが出来ればいいのですが、内容によっては不採用になってしまうこともあります。

例えば、休みが多い・夜勤がない・給与がいいなど。

これらの志望動機では、はっきり言って採用は難しいと考えてください。

なぜなら、これらの動機では、同じ条件の求人があったら、どこに転職してももいいと考えていると思われてしまうからです。

本音は違うところにあったとしても、実際に転職面接で志望動機を聞かれたら、別の動機を話すことをお勧めします。

では、実際にどのような志望動機なら採用担当者にぐっとくるのでしょうか?

良く聞かれる質問(志望動機編)

具体的な例をいくつか紹介すると、

  • 自分の今までのキャリアを活かせる職場だと思った
  • スキルを身に着けたい
  • 仕事理念に共感を覚えた
などという答え方をするといいと思います。

自分の今までのキャリアを活かせる職場だと思った

まず、自分の今までのキャリアを活かせる職場だと思ったというところですが、これは今までに長く介護士として携わってきた人の回答方法の一つです。

例えば、転職を考える前はどのような仕事、役割をしてきたのかをを話し、それによってどのような強みを得ることができ、それを今回応募した介護施設の求人情報などを見て活かして行けると思ったという流れにしていくと自然な受け答えになると思います。

スキルを身に着けたい

次に、スキルを身に着けたいというところですが、これは先ほどとは違い、介護職としての経験が浅い、もしくはほとんど経験がない場合の返答内容になります。

例えば、転職する前の介護施設では仕事をしながら資格や免許を取得したので、それを活かして働きたいと思っていたところ、以前から気になっていた御社の求人を見つけ応募したなどという形にしてみてはいかがでしょうか?

特に大きな介護施設であれば、それだけたくさんの介護士としての経験をする機会があると考えられます。

そのようなこともある程度盛り込み、介護に必要なスキルを身に着けていきたいという答え方にしてみてはいかがでしょうか?

仕事理念に共感を覚えた

最後に、仕事理念に共感を覚えたという理由。

介護施設などではほとんどがホームページを開設していたり、たとえホームページはなくても少なくとも利用者向けにパンフレットなどを作成しているところがほとんどだと思います。

その場合、その介護施設の理念や理想などが書かれているのではないでしょうか?

もしも多くの求人情報のなかから自分に合った求人を見つけたら、まずはその介護施設などの情報収集から始めてみるといいでしょう。

転職サイトなど上手に利用しよう!

介護士転職の場合、面接が行われると採用担当者の方からの質問では必ずと言っていいほど志望動機を聞かれます。

これは、この介護施設が出している求人情報をしっかりと読み、本当にここで働きたいという信念があるのかどうかというのを知るだけではなく、介護施設のことをきちんとわかってくれているのかという事も知ることができる質問となります。

もちろん、きちんと理解ができていなければ、せっかく採用してもすぐにまた転職をしてしまう可能性も考えられます。

そうすると、介護施設側もまた求人を出さなければいけなくなるなど、余計な手間がかかってしまうことにもなるのです。

特に介護士転職で求人を見て応募をして来るという人は、少なくとも前職を何らかの理由で辞めている人となります。

その辞めた理由によっては、折角採用してもまた辞めてしまうリスクも高いといえるのです。

介護士転職で面接を受ける場合には、まずはなぜその介護施設などを希望したのか、理由を明確にしておくことも大切なのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA