1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士求人をお探しの方:常勤(夜勤あり)

介護士求人をお探しの方:常勤(夜勤あり)

介護職への転職を考える場合、介護施設もいろいろありますが、仕事の仕方にもさまざまなタイプがありますよね。

例えば、一番多いのが夜勤もある常勤、他には日勤のみ、非常勤・短時間のみなど、その人に合わせた仕事の選び方があると思います。

もちろんその人の家庭の都合などもあるかと思いますが、一番選ばれるのは夜勤のある常勤なのではないでしょうか?

では、夜勤ありの常勤の介護職への転職にはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

常勤の介護職への転職するメリット

例えば、

  • 夜勤がある分、日勤の人よりも多く稼ぐことができる
  • 収入が安定している
  • 様々な優遇がある
などという点があります。

夜勤がある分、日勤の人よりも多く稼ぐことができるという点

まず、夜勤がある分、日勤の人よりも多く稼ぐことができるということ。

夜勤をする場合、夜勤手当というものが付きますよね。

その分が日勤の仕事よりも給与に上乗せされ、多く稼げるといわれているのです。

どのくらいの夜勤手当がもらえるのかは、転職をする際に見る求人情報でも確認することができるのではないでしょうか?

介護施設によっては、求人情報で夜勤があることを書いておくと嫌厭される為、求人情報には載せず、面接の際に話をするという場合もあります。

基本的に夜勤手当というのは日勤の25%以上と定められていますが、なり手がいない場合にはより高い金額に設定しているところもあるようです。

逆に夜勤手当を考慮した給与額を求人に載せているところもあるので、きちんと求人情報を確認しましょう。

金額は介護施設などにもよるので、転職の際に求人情報だけではなくしっかり確認をしておくことはとても大切なことです。

元々他の職種よりも給与が少ないといわれている介護職ですから、勤めている介護施設によっては夜勤手当がないとやっていけないという人もいます。

夜勤のある常勤を希望している人にとって、夜勤手当などをあらかじめ求人情報で確認しておかないと、あとで希望と違うということでまた転職を考えることにもなりかねません。

収入が安定しているという点

次に収入が安定しているということ。

やはり常勤の場合、仕事の時間が決められているので、毎月の収入額が安定しますよね。

介護職の転職を考えた時、収入額が安定するということはとても大切なことなのではないでしょうか。

求人情報を見てみると、毎月のおおよその月収金額が書かれていると思いますが、常勤であれば普通はそのくらいの月収で安定して給与をもらうことができると思います。

特に、家計を支えるために介護職に就いているというのであれば、常勤であることは欠かせないのではないでしょうか。

様々な優遇があるという点

そしてもう一つ、最大のメリットが、多くの優遇があるということ。

常勤の場合、社会保険料の半額負担や手当てなど、非常勤と比べると様々な待遇を受けることができます。

その為、より多く稼ぎたい・しっかりと保障を受けたいという人であれば、夜勤のある常勤での転職先を探すことをお勧めします。

ただ、夜勤のある常勤の介護職への転職を考えた時、もちろんデメリットも考えなければいけません。

常勤の介護職への転職するデメリット

それは

  • 昼夜逆転の仕事になるために体力的につらい
  • 日勤と比べて夜勤の勤務中は人数が少なくなる場合が多いので仕事が大変
ということが挙げられます。

昼夜逆転の仕事になるために体力的につらいという点

やはり一番多いのが、昼夜逆転の仕事になるということ。

常に夜勤をしているわけではないので、体のリズムを崩してしまい体調不良に陥るという人も少なくないようです。

中には、夜勤の仕事に体がついていけずに、夜勤の仕事を引き受けられない・もしくは夜勤のない介護職に転職をするという人もいるほどです。

人数が少なくなる場合が多いという点

そしてもう一つが、少ない人数で仕事をしていかなければならないということ。

夜勤の仕事というのは、日勤の仕事と内容はそう変わりません。

しかし、日勤と比べると人数を減らして対応しているというところがほとんどです。

その為、日勤よりも多くの人を担当しなくてはならず、さらに夜中に動き回る利用者の方を絶えず見守らなくてはいけないというプレッシャーもあります。

転職サイトなど上手に利用しよう!

介護職の転職を考えた時、その人によって様々な条件があると思います。

特になるべく多くの給与を希望する人であれば、まずは夜勤のある常勤勤務の介護施設を探すことになると思います。

しかし、いくら給与が高いといっても、特に夜勤のある場所での勤務は相当つらいものになることを覚悟しなければなりません。

仕事内容に見合った給与なのかどうかというのは、求人情報だけではわからないところです。

介護職で夜勤のある常勤への転職を希望する場合、金額だけにとらわれずに夜勤手当や仕事内容を求人情報などでしっかりと確認することが必要です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA