1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士転職に成功する為の面接対策:良く聞かれる質問(入職可能時期編)

介護士転職に成功する為の面接対策:良く聞かれる質問(入職可能時期編)

介護士転職をする場合、ほとんどの場合面接がありますよね。

転職面接の際には、介護施設だからこそされる質問もありますし、転職面接には欠かせない質問など様々な質問がされます。

その質問をすることによって、採用担当者はその人が自分の介護施設に合っているか、しっかりと仕事をしてくれるかなどを判断し、合否を決定するのです。

もちろん、ある程度決められた質問もあるので、事前に質問を予測して答えを準備することは介護士転職を成功させる第一歩となります。

介護士転職の面接で聞かれる質問といえば、やはり志望動機やアピールポイント、短所・長所ですが、そのほかにも介護施設だからこそ聞かれる質問があります。

それが、「いつから勤務できますか」という質問です。

介護の仕事というのは、常に人手不足といわれ、もちろん多くの介護施設は人手不足に悩んでいるのが現状です。

その為、常に多くの求人情報が出されていますし、入ってきてもまたすぐに転職してしまう人が多いことから
常に求人を出し続けているという介護施設も少なくありません。

その為、介護施設側としては、採用出来ればすぐにでも勤務してほしいというのが現状なのです。

求人情報の中には、応募条件として「すぐに勤務できる方」などと直接書いているところもあるほどです。

良く聞かれる質問(入職可能時期編)

ではもしも介護士転職の面接で「いつから勤務できますか」と聞かれたら、どのように答えればいいのでしょうか?

答え方としては、

  • 明日からでも勤務できます
  • ○月○日以降なら勤務できます
などと勤務できる日を明確に話すことが大切です。

明日からでも勤務できますという答え

まず、明日からでも勤務できますという答えは、もちろん自身が直ぐにでも働けるというアピールとなります。

介護士側も、複数の媒介から求人情報を出していることも多く、求人情報を見て複数の応募があり、どの人も採用基準を満たしているという場合には、なるべく早く勤務できる人を優先的に採用するというところがほとんどです。

その為、すぐにでも勤務できるというのは大きなアピールポイントとなります。

普通、介護士転職での面接の場合、後日合否の連絡をすることがほとんどですが、もしもすぐにでも働けるという場合には、その場で採用を伝えるという事もあり、実際に翌日から勤務という事になることもあります。

○月○日以降なら勤務できますという答え

もしも、前職をまだ退職していなかったり、家庭の事情などですぐに働くことが出来なくても、いつから勤務できるかという事を明確にしておくことはとても大切なことです。

例えば、はっきりと○月○日以降なら勤務できるという事を相手に伝えておけば、もしも採用となった場合に、その日に合わせて介護施設側も職員の調整をすることができますよね。

しかし、「あと1ヶ月後くらいには働けると思います」や「前職を辞める日が決まっていないのでまだわかりません」などとあいまいな答えをしてしまうと、採用する介護施設側でも困ってしまうことになります。

それに、転職前の職場の退職時期が明確でない場合には「本当にこの介護施設に勤める意思があるのか」などと思われてしまい、あまりいい印象にはなりません。

そうならない為に、介護施設側も求人に「すぐに勤務可能な人」などとあらかじめ条件を明記しておくことが多いのです。

転職サイトなど上手に利用しよう!

もしもその場で答えられなくても、すぐに連絡をすることができるのであれば「今すぐに返事をすることができませんが、確認をして早急に連絡します」などと少しでも勤務可能時期は明確にするようにした方が採用されやすいといえるでしょう。

もしも介護士転職を考える場合には、転職を考え始めた時点でハローワークの求人情報や求人雑誌、ネットでの求人情報など多くの求人情報を見ることも大切ですが、その前にいつから務めることができるのかというのも明確にしておくことが大切なのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA