1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士転職に成功する為の面接対策:聞きづらい質問の仕方編

介護士転職に成功する為の面接対策:聞きづらい質問の仕方編

介護士として転職を考えた場合、条件に合った求人を見つけて応募、そして面接という流れになることがほとんどだと思います。

介護士転職での面接の場合、必ずと言っていいほど聞かれる質問があります。

志望動機やアピールポイント、さらには前職から転職をする理由などです。

ある程度予測のできる質問に対しては、しっかりと答えを準備しておくのが介護士面接での重要なポイントになります。

そして、介護士転職での面接にかかわらず面接のときにされる質問の中に、「逆質問」というものがあります。

耳慣れないという人もいるかもしれませんが、これは「何か質問はありませんか?」という採用担当者からの質問になります。

この時に、こちらが知りたいことを質問することができると思いますが、中には聞きたいけれど聞きづらい質問もあると思います。

聞きづらい質問の仕方編

例えば、

  • 介護施設での人間関係
  • 福利厚生や給与面
  • 残業や休日出勤
などがあると思います。

これらはこれから務める際にどうしても気になるものですが、直接質問することで採用担当者から不愉快に思われてしまい、不採用の理由となってしまうこともあるので注意が必要です。

しかし、求人情報を見た時に、求人に載っているときもありますが、載っていないときもあり、そんな時にはあらかじめ知っておきたい内容でもありますよね。

このような質問をしたいときにはどのように聞けばいいのでしょうか?

介護施設での人間関係

まずは、介護施設での人間関係から見ていきたいと思います。

介護士の転職理由として多いのが実は職場での人間関係なのです。

どんなに介護士としての仕事自体にやりがいを感じていても、人間関係が悪いと仕事をしにくいですし、ちょっとしたことがインシデントにつながってしまいます。

それを理由に転職を考える人は少なくないのです。

だからと言って、求人情報を見ても、人間関係の良し悪しまで知ることはできませんよね。

もちろん直接人間関係を逆質問で聞くのは失礼です。

そんな時には、例えば、長年勤めている介護士がどのくらいいるのかどうかということや、介護施設によってはどのようなレクリエーションを行っているのか、どのくらいのペースで行っているのかなどを聞いてみるといいでしょう。

その様子でおおよその人間関係やその介護施設での働きやすさが見えてくるのではないでしょうか?

特に、長期にわたって務めている人が少ないという事はそれだけ転職者が多いという事になり、何かしら理由があるという事がわかると思います。

福利厚生や給与面

次に、福利厚生や給与面に対する質問です。

これも、ほとんどの求人情報にはしっかりと書かれていますが、求人情報と実際とでは違いがあったりすることもあるので注意が必要です。

実際に求人の給与を見て仕事をしたら実際にはだいぶ差があり、また転職をするという人もいるほどです。

ただ、福利厚生や給与面の質問をすると、採用担当者に「この人は条件だけを見て応募してきたのでは」と思われてしまいます。

ではどのように質問をすればいいのかというと、給与面であれば、自分の頑張りがどのように給与に反映されていくのか・今資格取得を目指しているのですが、それが給与にどの程度反映されるのかなどと、給与よりも自分が頑張っていきたいというアピールをしていくといいでしょう。

残業や休日出勤

最後に、残業や休日出勤についてです。

介護施設というのは、どの施設でも人手不足といわれ、常に多くの求人が出されていますよね。

施設によっては、求人が追い付かず、人員が足りないために残業や休日出勤が多いというところも少なくありません。

それを理由に転職したのに、同じ条件の場所で働くのは嫌ですよね。

もちろん求人情報にも残業などが書かれていることもありますが、実際に働いて見たら求人情報と全く違っていたなんて言うこともあるので注意が必要です。

では、もしも残業や休日出勤の内容を知りたいときにはどのように質問をしたらいいのでしょうか?

例えば、残業時間を聞きたいときには、少しオブラートに包み、前職ではこのくらい残業をしていて、求人情報に残業有りと書かれていたのですが、月平均どのくらいありますか?などというように聞くと聞きやすいと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA