1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士転職に成功する為の履歴書:書き方(アピール編)

介護士転職に成功する為の履歴書:書き方(アピール編)

介護士として転職を考えた時、まずは自分に合った施設などを求人情報を見て探すことになりますよね。

そして、条件に合った求人を見つけたら次は応募、そして面接という流れになると思います。

介護士として転職を考えた場合、面接の際に必要なのが、履歴書・そして職務履歴書です。

場合によっては保有している資格の証明書もしくはそのコピーが必要となる場合もあるので事前に確認しておくことが大切です。

そして、やはりこの中でも一番大切なのが履歴書ですよね。

介護士に限らず、履歴書の中でも一番重要視されるのは、免許・資格もそうですが、志望動機・自己アピールポイントの記入欄です。

もちろん面接の際にもその介護施設などへの転職の志望動機も聞かれると思いますが、やはり面接の際には履歴書のアピールポイントもしっかりと確認します。

その為、アピールポイントは転職の際でも軽く考えずにしっかりと書くことが大切になってきます。

介護職で転職をする際の面接に持参する履歴書の自己アピールポイント欄の書き方にはいくつかのポイントがあります。

履歴書の自己アピールポイント

それは、

  • 求人情報を見て、なぜその介護施設などに転職したいと思ったのか(何を魅力に感じたのか)を書く
  • 自分の経験をもとに、その介護施設などでどのように役立ちたいのかを書く
  • 自分の強みをしっかりとアピールする
この辺りをしっかりと抑えておくといいでしょう。

なぜその介護施設へ転職したいか!

まず、なぜその介護施設へ転職したいと思ったのかということです。

転職を考えた時に、介護職というのは人手不足ということもあり実に様々な求人情報がありますよね。

そのたくさんの求人情報の中から選んでいるわけですから、あなたなりの理由があると思います。

もちろん、給与がよい、休みが多いという理由もあるかもしれませんが、そういうことは書かない方がいいでしょう。

書き方としては、

「貴社の経営理念に共感を覚えた」

「研修制度が充実していることを知り、介護スキルを高めながら成長していきたい」

などというように求人情報に書かれていたり、ホームページなどに載っている「その施設の特徴」の中で魅力を感じた事を交えた書き方をするといいでしょう。

経験をその介護施設で活かしたいか!

次に、自分の経験をその介護施設で活かしたいという書き方です。

この場合は、例えば今までどのような施設でどのようなスキルを身につけた・経験をしてきたということを具体的な例として挙げ、その経験をどのように生かしていきたいというような書き方をすると担当者の人に思いを伝えやすいです。

強みをしっかりとアピールしていくか!

最後に、自分の強みをしっかりとアピールしていくということです。

誰でもこれだけは自信があるというアピールポイントはありますよね。

特にそれまでに別の介護職での経験を積んできたのであれば、転職の際に介護職としてアピールできるポイントはいくつもあるのではないでしょうか?

それをしっかりと担当者にアピールすることが大切です。

ただ、ここで大切なのが、今自分が志望している介護施設がどのようなものなのかということをしっかりと知っておくこと。

もちろん自分の強みをアピールすることは大切ですが、そのアピールした強みが志望する施設ではあまり役に立たないものでは意味がありませんよね。

転職サイトなど上手に利用しよう!

その為、転職希望先の求人情報の内容はあらかじめしっかりと読み、求人情報で得られない情報なども出来るだけ収集しておくと便利です。

自分の持っている強みがその施設でどのように生かせるのかを合わせて書いておけるといいですよ。

介護職での転職をする際、やはり多くの求人情報から選ぶのは、もちろん仕事条件などもありますが、自分に合ったところ、自分の能力を活かせるところがいいですよね。

履歴書の自己アピールポイントの場所には、ありきたりの言葉ではなく、求人情報などを見て、具体的になぜ自分がその介護施設を選んだのかを自分の言葉でしっかりとアピールすること、そしてそれを担当者にきちんと伝えることが大切なのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA