1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. タイプ別おすすめの転職手段
  4. ≫特定の施設希望が決まっている方

特定の施設希望が決まっている方

介護の仕事というのは、転職をする人が多いという事も知られていますよね。

もちろん、介護の仕事自体が嫌になってしまい、まったく別の職種に転職をする人もいますし、逆により良い介護施設を求めて転職を考える人もいます。

もしも、介護士として転職を考えた場合、ハローワークの求人や無料で配布されている求人雑誌、広告のチラシやネットでの介護士専用の求人情報を参考にすると思います。

そして多くの求人情報の中から自分に合った求人を見つけ、応募・面接という流れになると思います。

ただ、介護士として転職を考え、特定の施設を決めている人にいくつか注意しておいてほしいことがあります。

折角転職前の職場から自分に合ったと思った求人を見つけて転職をしても、条件などが合わずにまた転職をすることにもなりかねませんよ。

特定の施設を決めている人に注意しておいてほしいこと

では、これから転職をしたいと考えている介護施設では、どのような事をチェックしていけばいいのでしょうか?

  • 求人を頻繁に出しているかどうか
  • 職員の対応はどうか
  • 掃除が行き届いているかどうか
  • 求人情報と面接などの内容に違いはないか
この辺りをチェックしてみてください。

求人を頻繁に出しているかどうか

まず、求人を頻繁に出しているかどうかということ。

介護の仕事というのは、常に人手不足が言われ、さらに転職も多い職種でもあります。

その為、多くの介護施設が求人情報を出していると思います。

もしもあなたが決めた希望する介護施設が、あなたが見つけた求人情報の媒体のほかにも多くの求人を出していたり、常に求人を出しているようなところは要注意です。

そんな時には、その介護施設に何らかの問題があり、転職をする人が多いという事になります。

職員の対応はどうか

次に、職員の対応はどうかという事。

求人情報を見て、応募をする際、ネットを利用するときもあれば、直接電話をするという事もあると思います。

ハローワークであれば、職員の人に連絡を取ってもらう形になりますよね。

もしも、自分で電話度で応募するときには、相手の対応を確認してみてください。

対応があまりよくなかったり、その後の面接ですれ違う職員などの挨拶ができていなかったりする施設は、利用者に対しての対応などにも問題があることも考えられます。

掃除が行き届いているかどうか

次に、施設の掃除が行き届いているかという事。

介護施設というのは、汚いというイメージ柄、衛生面を考えても徹底した清掃を心がけているところがほとんどです。

それにもかかわらず掃除が行き届いていないという事は、それだけ仕事に余裕がない、もしくは職員の怠慢などが考えられます。

求人情報と面接などの内容に違いはないか

最後に、求人情報と面接で聞く内容に違いがあるという事。

特に実際に仕事についてから問題視されるのが給与面や待遇面、残業や休日など。

特に人手不足の介護施設では、少しでも良い人材を多く集めるために、求人情報になるべく良い内容を記載しておき、あとで聞かれたときに適当な言い訳をして結局違う対応となることがあるのです。

そしてそれが理由で転職者が多くなり、悪循環となっている介護施設も少なくありません。

他にも、面接の際に直接介護施設を見学させてもらって利用者の方や職員の方の対応などを見てみるのも一つの方法ですよ。

転職サイトなど上手に利用しよう!

介護士として転職を考えた場合、ちょっと探しただけでも多くの情報を手に入れることができると思います。

その為、多くの情報の中から自分に合ったものを見つけるのはとても大変な事だと思います。

そして、折角自分に合っていると思って転職をしても、イメージや実際の求人内容とは違いまた転職をするという人もいるのです。

もしもすでに特定の施設に転職を決めているという人は、実際に仕事に就く前にもう一度本当にその施設でよいのかいろいろな方向から考えてみてください。

より良い介護施設に転職できることを願っています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA