1. ホーム
  2. 求人・転職サイトの活用法
  3. 介護求人・転職サイトに登録後の流れ
  4. ≫⑥ 見事に合格すると、晴れて「内定」

⑥ 見事に合格すると、晴れて「内定」

介護士転職求人サイトを利用して希望する介護施設の面接を受け、合格すれば晴れてその介護施設に晴れて「内定」が決まるわけですよね。

こんな時にも、介護士転職支援求人サイトでは、直接応募をして合否を受け取るよりも様々なメリットを受けることが出来ます。

見事に合格すると、晴れて「内定」

ではどんなメリットがあるのでしょうか?

  • 介護士転職求人サイトを介して「採用内定通知書」がもらえる
  • 入職までの段取りもすべて専属のアドバイザーが行ってくれる
  • もしも複数内定を取ってしまってもサポートしてくれる

介護士転職求人サイトを介して「採用内定通知書」がもらえる

まず、介護士転職求人サイトを介して「採用内定通知書」がもらえるという事です。

もしも希望の介護施設の面接を受けた場合、施設によってはその場で内定を取ることが出来たり、後日電話などで内定の通知を頂くことも少なくありません。

しかし、本来であれば、郵送などで採用内定通知書を頂くのが一番良いのです。

採用内定通知書には、いつから入職をするのか、給与や終業体制など、細かい条件が書かれています。

その為、採用内定通知書を受け取ったら内定を頂いたことだけに喜ばずにしっかりと条件を確認することがとても大切なのです。

これを怠ってしまうと、実際に仕事が始まった時に条件が違う等の介護施設との意見の相違などが生まれ、また転職のきっかけとなってしまうことがあるからです。

さらに、採用内定通知書がなく、電話などで内定通知をもらった場合には、条件などもすべて電話で通知されるため、実際に入職した時に就業条件などでもめることが多くなってしまうという事も事実なのです。

しかし、介護士転職求人サイトを介して求人情報を紹介してもらい、面接を受けて晴れて内定をもらった場合には、必ず採用内定通知書がもらえるようになっているので、実際に仕事が始まってから条件と違う等という事が少なくて済むのです。

入職までの段取りもすべて専属のアドバイザーが行ってくれる

次に、入職までの段取りなどもすべて専属のアドバイザーが行ってくれるという事です。

例え内定を頂いても、入職日の都合どうしても合わないなどという問題も出てくることがあります。

そんな時、時にはそれが理由でせっかく内定をもらったのに不採用になってしまうなんて言うことも少なくありません。

しかし、介護士転職サイトを利用して希望する介護施設で面接を受け、内定をもらった後に採用内定通知書に問題があった場合、専属のアドバイザーに相談をすることが出来ます。

そうすると、専属のアドバイザーが直接介護施設と相談して入職までの段取りまできちんとあなたに合うように設定してくれるのです。

はっきり言って、個人的に採用内定通知書に問題があった場合、不採用にされるのではないかと思いなかなか直接介護施設に相談をするのは難しいものですよね。

しかし、介護士転職支援サイトを利用してれば専属のアドバイザーが、内定が決まった後もきちんとあなたをサポートしてくれるので安心して入職を迎えることが出来るのです。

もしも複数内定を取ってしまってもサポートしてくれる

最後に、もしも複数の介護施設の内定を取ってしまった場合です。

介護士転職求人サイトを利用している場合、多くの人が複数のサイトに登録していると思います。

もちろんサイトによって求人情報は違うので、時には同時期に複数の介護施設の面接を受けることもあると思います。

1社だけでも内定が取れればうれしいものですが、時には複数の介護施設の内定をもらうこともあります。

そんな時には、あなたの希望により近い介護施設を選ぶこともできますが、実際には別の介護施設の方が向いているという事もあります。

転職サイトなど上手に利用しよう!

そんな相談ができるのも介護士転職求人サイトの専属アドバイザーの良い点ではないでしょうか。

もちろん内定を断るときも専属アドバイザーに伝えることで済むので直接断るよりも断りやすいと思います。

このように、介護士転職求人サイトを利用して専属のアドバイザーから紹介された求人の面接を受けて晴れて内定を取った後も入職までしっかりとサポートしてもらえるので安心できると思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA