1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士転職に成功する為の面接対策:面接前の準備編

介護士転職に成功する為の面接対策:面接前の準備編

介護の仕事というのはとても幅が広く、なおかつ常に多くの求人があるため、逆に自分に合った求人情報を見つけるのはとても大変なものですよね。

介護士からの転職を考えた場合、まずはハローワークや無料の求人雑誌などで求人情報を探し、数多く求人の中から気に入った介護施設を見つけて応募、そしてそのあと必ず面接があります。

面接に向けて履歴書や職務履歴書を用意する必要がありますが、もちろんそれだけではありません。

人手不足といわれ、常に多くの求人がある介護士への転職だからと、面接を軽く考えていませんか?

いくら介護士の転職と言えども面接を厳かにすると受かるものも受からなくなってしまいますよ。

折角数多くの求人の中から自分に合った求人情報を見つけたのなら、ぜひその介護施設に転職をしたいですよね。

では、介護士への転職を決めたら面接に向けてどのような準備をしたらいいのでしょうか?

面接前の準備編

介護士での転職をする場合、面接前に準備をしておきたいことといえば、

  • 面接に対するマナー
  • 服装、身だしなみ
  • 質問に対する回答
これらがとても重要となってきます。

面接を受ける前には、どんな質問があるのか、その質問にどう答えたらいいのかを一番考えると思います。

もちろん面接内容は、求人に書かれた条件の確認を始め、様々な質問をされるでしょう。

しかし、実は面接を受ける際には、第一印象で50%は決まると言われているのです。

つまり、第一印象が良ければそれだけで半分は内定を摂れるということですよね。

では、面接の準備に必要なものを一つずつ見ていきたいと思います。

面接に対するマナー

一つ目は、面接に対するマナーです。

面接に対するマナーというよりも、社会人としてのマナーが試されると言えます。

介護職にかかわらず、転職をするなら前職である程度のマナーは見についているのではないでしょうか?

第一印象を決める挨拶や笑顔、話し方や声の大きさ、話す速さなど、それも面接での第一印象を決める大切な要因となります。

しかし、これらは社会人としては出来て当たり前なので、基本ができていればそんなに気負うことはないかもしれません。

服装や身だしなみ

次に、服装や身だしなみも大切になってきます。

介護士の転職を考えた場合、面接にはどのような服装で臨もうと思いますか?

きちんとした会社であればスーツは当たり前ですが、介護職というとラフな服装というイメージがありますよね。

実際に面接の場合には事前に「服装は気にしなくてもいいですよ」と言われることもあります。

それでも、事前にきちんとスーツを準備しておきましょう。

やはり転職の際の面接時には、どんな職種であってもスーツは基本です。

逆にスーツで面接を受けることで「几帳面」「清潔感」「誠実さ」の印象を持ってもらう事ができるのです。

もちろん、服装だけではなく身だしなみもとても大切なものになってきます。

折角スーツで挑んでもそのスーツ自体がしわくちゃだったり、髪を整えていなかったりすると、ずぼらなイメージを与えてしまい、採用担当者の人に「この人はしっかりと仕事ができるのだろうか」と思われてしまいます。

もちろん仕事は見た目で行うものではありませんが、見た目でその人が判断できるところもあるので注意しましょう。

質問に対する回答

最後に、どんな質問をされるのか、そしてその答えをあらかじめある程度予測して準備しておくことが大切です。

介護士の転職の場合、ある程度面接での質問というものは限られてきます。

その為、その質問をきちんと頭に入れて、どのように応えるか考えておくのはとても重要なことです。

もちろん、マニュアル通りの答えでは採用担当者にあまりよい印象を与えることはできません。

そこで、答えはなるべく自分のオリジナルの答えを用意するようにしましょう。

もちろん当日予想していない質問をされることもありますが、その場合にも「わかりません」などと言わず少し時間をかけてでもきちんと答えられるようにするといいですね。

転職サイトなど上手に利用しよう!

介護士の転職の際には、面接というのはとても重要な部分を占めています。

もちろん面接内容だけではなく、マナーや見た目などで判断されることも少なくありません。

ぶっつけ本番だと思わずに事前にしっかりと準備をして挑むことが採用への第一歩なのです。

そしてぜひ多くの求人情報から見つけた自分に合った介護職で仕事ができるといいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA