1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. 介護士の転職理由
  4. ≫大学病院で働く介護士の転職理由

大学病院で働く介護士の転職理由

介護士として働く場所というと、施設というイメージがありますよね。
特別養護老人ホーム有料老人ホーム健康老人保健施設
デイサービスなど。
しかし、介護士として働ける場所は他にもあります。
それが、大学病院で働くということです。

大学病院といわれても、あまりピンとこない人もいるかもしれませんが、大学病院では身体を動かすことが困難で、入院中の介護が必要とされる人も多くいるのです。
そんな人の介護をするのが介護士の仕事というわけです。

大学病院の代表的な転職理由

大学病院で働く介護士の転職理由を見てみましょう。

  • 介護士としての仕事のやりがいがない
  • 看護師との関係
  • 昇給などが見込めない
このようなことが転職理由としてあげられています。

まず、なぜ大学病院では介護士としての仕事のやりがいを感じられないのでしょうか?
介護士をしている人の中には、より多くの仕事を身に着けることでスキルアップを望んだり、仕事自体にやりがいを感じるという人もいると思います。

大学病院への転職なら

看護師の助手になってしまう!?
大学病院での介護の仕事は、求人内容では介護となっていてもあくまで看護師の助手という立場になってしまいます。
元々介護の仕事は看護師の仕事から分かれてできたものなので、看護師でも介護の仕事は一通りこなすことができます。
その為、仕事も排せつや入浴、食事など基本的なもののみとなり、そう忙しさを感じることはありません。

それでも、求人には介護士としての仕事を求められているので、求人を見て老人福祉施設などから転職をした人は仕事の違いに驚かれる人も少なくないといいます。
実際に求人と現場の仕事内容のギャップに耐えかねて転職を考える人もいます。

看護師との関係
大学病院での介護士の仕事は、基本的には看護師の助手。
その為、看護師との関係というものは仕事を大きく左右します。
さらに、看護師の方が立場上上という対応をされることも少なくありません。

実際に施設から転職を考え、大学病院の求人を見て仕事を始めた人の中には、看護師との関係に悩み転職をする人もいるのです。
求人で募集されるのはあくまで介護の仕事なので、この辺りは実際に仕事をしてみないとわからないかもしれません。

昇給がほとんど認められない!?
最後に、昇給がほとんど認められないということ。

大学病院というのは、他の介護施設と違って給与や対応がいいという話を聞いたこともあるのではないでしょうか?
実際に、大学病院では多くの場合、福利厚生がしっかりとしているので、有休がしっかりととれたり、シフトもきちんと行われているというところが多いのです。

求人などを見て、他の介護施設と比べても、大学病院の方が給与が上、というところも多いのではないでしょうか?
ただ、大学病院で働く介護職というのは看護師の助手という立場。
その為、出世や昇給はほぼないといって間違えないでしょう。

介護職の仕事をして認められたいなら

パートや上を求めない人にはいいかもしれませんが、仕事をして認められ、上を目指したいとという人は大学病院でいくら仕事をしても意味がないということになります。
もちろんそこまで求人情報には載っていることはありませんので、実際に仕事についてから気づいて転職を考えるようです。

介護士の人が転職を考えた時、介護の求人を見ると、やはり大学病院は給与が高かったり、病院自体がとてもきれいなイメージだったりしますよね。
場所によっては、大学病院が介護施設を経営しているというところもあると思います。

しかし、実際に求人で見た内容と、実際の仕事の内容というのは違ってくることもあります。
求人だけを見て大学病院で介護の仕事について、結局イメージが違ってまた転職を考える人も少なくないのです。
実際に大学病院で働きたいと考えたら、求人の情報だけではなく、大学病院で働くメリット・デメリットをしっかりと知ることが大切です。

そのため、介護士の転職支援会社を上手に活用して、十分に情報収集してから入職先を決めるようにしましょう。
おすすめの介護士転職支援会社としては、下記が挙げられます。

上記会社は、求人が充実しており、専門のキャリアアドバイザーも数多く在籍しているので、求人の紹介はもちろん、自分はデイサービスに向いているのかどうかも含めて相談に乗ってもらうことも可能です。ぜひ有効活用しましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA