1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. 介護士の転職理由
  4. ≫デイサービスセンターで働く介護士の転職理由

デイサービスセンターで働く介護士の転職理由

介護職で働く方の職場のほとんどは
「デイサービスセンター」
「特別養護老人ホーム」
「老人保健施設」です。
その中でも、比較的仕事の負担が軽いのがデイサービスセンターだと言えます。
実際にデイサービスセンターへの転職を考える人の中には求人を見て仕事内容の軽さを考えるようです。

デイサービスセンターの代表的な転職理由

デイサービスセンターで介護の仕事についても転職を考える人は少なくありません。
その理由は様々で、

  • レクリエーションのノリについていけない
  • コミュニケーションが苦手
  • 想像していた介護の仕事が少ない

というように、求人には記載されていない介護の仕事とは別の理由での転職希望が多く挙げられています。

デイサービスセンターというのは、特別養護老人ホーム・老人保健施設と違い、昼間に通い食事や入浴、そしてレクリエーションなど利用者が楽しめるところですよね。
そのレクリエーションは、その施設によって様々な思考を凝らして行っています。
もちろんそんなことまでは求人には記載されません。

介護職の人が、毎日思考を凝らしたイベントを行うところも多く、そこで求められるのは大声を出したり、歌を歌ったり踊りをしたりとより利用者に楽しんでもらえる事。

しかし、慣れない人や元々テンションが高いものに対して苦手意識がある人には精神的に苦痛を感じる人も。
そんな人は早々に転職を考える人も少なくないようです。

コミュニケーションが苦手でデイサービスになじめずに転職を考える人もいます。
仕事をする場合には、職場の人とのコミュニケーションも大切な事の一つですよね。

デイサービスセンターへの転職なら

デイサービスというのは、利用者の方や家族の方とのコミュニケーションが必要な職場とも言えます。
介護職でありながら、デイサービスではコミュニケーション力も求められます。

しかしもともと人とのコミュニケーションが苦手で内向的な性格の人には、介護の仕事以上につらいものと感じられます。

そして、デイサービスセンターでの仕事は介護職の仕事が意外と少ないのです。
施設によって違いはありますが、

デイサービスセンターを利用するほとんどの人が、要支援1や要介護1など、ほとんど介護を必要としない人

です。
求人を見て介護の仕事をしたいと思ったのに、実際には別の仕事の方がメインとなっているところも多いのです。

介護をすることにやりがいを感じる人や、より介護のスキルを身に着けたいという人にとって、介護の仕事が少ないということでやりがいがないと感じ転職を考える人もいるようです。

さらに、特に介護を必要としない人に対して過剰に介護をしてしまうと利用者がそちらになれてしまい介護が必要になって家族の介護の負担を増やすこともなりかねません。
求人の内容には、そこまで詳しくわかるものではありません。

より専門の介護職を求めるなら

介護職を求めてデイサービスに就職人の中には、より専門の介護を求められる特別養護老人ホームや老人健康施設への転職を考えるようです。

デイサービスの仕事は、他の介護職と違い、介護の知識の他にコミュニケーション力イベント力、時には利用者の送迎をするために運転資格を要することもあります。
仕事内容は実際に転職しなければわからないことも多く、求人にも書かれておらず介護職とのギャップから転職を考える人も少なくありません。

逆にデイサービスを介護職の最初のステップと考えて転職する人もいます。
特に初めてデイサービスに勤める人は、難しいかもしれませんが、どのような仕事・人材が求められているのかを求人の情報だけにとらわれずしっかりと把握することが必要となります。

そのため、介護士の転職支援会社を上手に活用して、十分に情報収集してから入職先を決めるようにしましょう。
おすすめの介護士転職支援会社としては、下記が挙げられます。

上記会社は、求人が充実しており、専門のキャリアアドバイザーも数多く在籍しているので、求人の紹介はもちろん、自分はデイサービスに向いているのかどうかも含めて相談に乗ってもらうことも可能です。ぜひ有効活用しましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA