1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. ≫介護士求人をお探しの方:夜勤専従

介護士求人をお探しの方:夜勤専従

介護職での転職を考えた時、転職理由の中に夜勤業務がつらいからという人も少なくありません。

昼夜逆転の仕事になるため、体力面でも精神面でも大変だからです。

しかし、逆に介護士の中には日勤から夜勤専従に転職を考える人もいるのです。

実は介護職の求人の中には、夜勤専従の求人というものがあります。

では、夜勤専従にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

夜勤専従のメリット

  • 夜勤手当が出るので、高い給与が期待できる
  • 昼間、別の仕事をしていたり学校に通っている人に向いている
  • 連休を取りやすい

高い給与が期待できるという点

まず、介護職での夜勤専従の場合、一番魅力なのは給与が高くなるということではないでしょうか?

求人情報を見てわかる通り、介護職というのは仕事内容は大変なのにもかかわらず、給与が他の職種と比べると安めです。

しかし夜勤専従となると話は別です。

夜勤の給与は、通常の日勤の給与のほかに夜勤手当がもらえます。

特に夜勤専従でなくても、毎月何度か夜勤をこなすのと、まったくの日勤のみで働くのとでさえも給与はだいぶ違ってきます。

それが夜勤専従となると、さらに給与は増えることになります。

しかも求人を見てわかる通り、夜勤手当は施設によって大きな幅があります。

介護施設や待遇によっては、月に40~50万円も稼ぐ夜勤専従の介護士もいるのです。

その高い給与が魅力で日勤のみや夜勤のある常勤から夜勤専従に転職を考える人もいます。

学校に通っている人に向いているという点

次に、昼間の時間を有効に使うことができるということです。

介護士をしている人の中には、仕事をしながら資格の取得を目指しさらに上を目指している人もいます。

そして、学校に通いながら介護士の仕事をしている人もいます。

そういう人たちの場合、昼間はどうしても忙しくなるので、夜勤専従の方が働きやすいといえるのです。

連休を取りやすいという点

もう一つ、介護職で夜勤専従の仕事に転職をする人の中には、連休が取りやすいためという人もいます。

介護士の夜勤というと、最近では8時間労働の施設も増えましたが、基本的は17時~翌10時までの16時間。

その為、その日と翌日が休みになることが多く、連休が取りやすくなるのです。

それが魅力でわざわざ夜勤専従へ転職をする人も少なくないのです。

ただ、夜勤専従で転職先を探す時には、夜勤が8時間勤務なのか、16時間勤務なのか求人情報などを見て確認する必要があります。

確かに8時間の方が時間が短く楽な感じはしますが、連勤になった場合、昼間を睡眠に充てると1日が丸々潰れてしまうことになります。

さらに、真夜中から仕事が始まったり、真夜中に仕事が終わると、移動手段である公共機関がない場合があるので注意が必要です。

もちろん介護職での夜勤専従のデメリットもあります。

夜勤専従のデメリット

  • 体力的につらい
  • 日勤よりも少ない人数で担当しなければならないため、プレッシャーがある
  • 求人が限られる

一番大変なのは、やはり体力的につらいということですよね。

昼夜逆転になるのですから、長く続けることで体を壊してしまう人も少なくないようです。

金銭面のために無理をして夜勤専従を続けている人の中に特に体調を崩して続けられなくなる人もいるのです。

次に、多くの人数を一人で担当しなければならないということです。

夜勤業務というのは、基本的な仕事は日勤の業務とほぼ同じです。

しかし、夜勤の場合には、日勤よりも少ない人数であたるというのが通常です。

小さな施設ではたった一人で施設内のすべての利用者を見なければならないということもあります。

その為、仕事が大変なのはもちろんですが、何かあった時の対応能力が求められます。

なので、夜勤専従は資格保有者、もしくはある程度の介護職の経験がなければ務まらないのです。

最後に、求人が限られるというところです。

介護職には様々な職種がありますよね。

介護老人ホーム・特別養護老人ホーム・デイサービス・訪問介護など。

ただ、当たり前ですが、夜勤専従に転職をする場合には、その介護施設に夜勤業務がなければ仕事はできません。

夜勤業務がある施設といえば、直接利用者が宿泊している介護老人ホームや特別養護老人ホームなどです。

もちろん求人があるのも夜勤業務があるところのみ。

どんなに転職をしたい施設があったとしても、夜勤専従を望むのならある程度転職先は限られてしまうのです。

転職サイトなど上手に利用しよう!

介護士から転職を考えている人の理由は様々です。

その中には、様々な理由で夜勤専従の求人を探す人も少なくありません。

もちろん、求人を探せば、夜勤専従の求人情報もいろいろと見つけることができると思います。

自分に合った転職先を見つけることができるといいですね。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA