1. ホーム
  2. 介護士転職マニュアル
  3. タイプ別おすすめの転職手段
  4. ≫ブランクが空いた出産・育児明け介護士の方

ブランクが空いた出産・育児明け介護士の方

介護士というのは、男性の割合も昔から比べて増えてきましたが、まだまだ女性が活躍する職種でもありますよね。

そして女性といえば、やはり結婚・出産を機に一度仕事を離れるという人が少なくありません。

特に、出産の場合には、必ず一度は仕事を離れることになります。

実は多くの介護士をしていたママは、出産を終え、育児もひと段落したらまた介護の仕事に戻りたいと考えているのです。

もちろん出産を期に別の職種へ転職をする人もいます。

なぜ一度離れた介護の仕事に復帰したいと考えるのかというと、その理由は、仕事が楽しい・生きがいだという人もいれば、収入のためという人もいます。

ただ、一度出産を期に介護の仕事を離れると、復職するのは難しいというのが現状のようです。

実際に、仕方なく出産を機に同じ介護職でも別の施設への転職や、全く違う職種への転職をする人もいます。

では、出産後の介護の仕事への復帰にはどのような壁が立ちはだかるのでしょうか?

ブランクが明けの転職を考える

例えば、

  • 出産前と同じ職場に戻れない
  • 子供を保育園に預けるのが難しい
  • 仕事時間が制限される
などという事があるようです。

出産前と同じ職場に戻れない

まず、出産前と同じ職場に戻ることが難しいという事です。

妊娠前は、介護の仕事で正社員としてフルタイムで働いていたとします。

しかし、たとえ育児休暇を取って職場に戻っても、そのまま以前の仕事ができるとは限らないのです。

その理由としては、以前の仕事を引き継いでしまっていたりすると、その仕事に戻れず別の仕事になってしまうという事も考えられます。

以前と同じ仕事ができないという事で、介護士の仕事は続けても転職をする人もいるのです。

子供を保育園に預けるのが難しい

次に、子供を保育園に預けることが難しいという事。

出産をして介護の仕事に復帰するためには、親などに頼れない場合、ほとんど保育園などを利用しますよね。

しかし、介護施設は24時間体制で夜勤があったり、土日祝日でも仕事があることがほとんどですよね。

特に認可保育園なら深夜や休日に子供を預けることはできませんし、子供が体調を崩せば仕事を休まなければなりません。

はっきり言って、常に人手不足で求人を出しているような介護施設では、急に休みを取ったりされるととても困るもの。

中には、育児をしながら仕事をすることを煙たがられあからさまにパワハラなどをされたという人も少なくないのです。

その為、出産を期に介護の仕事を転職、もしくは退職する人もいます。

仕事時間が制限される

最後に、仕事時間が制限されてしまうという事。

介護士の人で出産をしても、出来れば以前と同じ職場に戻りたいと考える人は少なくありません。

しかし、子供ができると生活スタイルもがらりと変わってしまい、自由は効かなくなってしまいますよね。

例えば、子供がいれば仕事ができるのは保育園に預けることができる時間のみとなってしまい、以前は夜勤や休日出勤も行えていたものが、平日の昼間にしか仕事が出来なくなってしまいます。

その為、育児を理由に介護士から別の職種へ転職を考える人もいます。

しかし、介護士というのは、常に人手不足といわれ、多くの求人が出ていますよね。

最近では仕事をしながらでも無料の求人雑誌や求人サイトからでも求人を探すことができます。

例え平日のみしか仕事が出来なくても、多くの求人情報の中から生活スタイルに合った仕事を見つけることも可能です。

ただ、たとえ条件に合った求人を見つけることができても意外と大変だというのが現実なのです。

例えば、平日の昼間のみで限られた時間で仕事のできるデイサービスの求人を見つけたとします。

もちろん求人情報には勤務時間もしっかりと書かれているので、それを見て応募をして仕事を始めるとします。

しかし、実際には求人情報に書かれていなかった残業などが多く、保育園の延長保育時間内にも間に合わないなんていうこともあるのです。

そこで、折角多くの求人情報の中から自分に合った仕事を見つけて転職しても、また転職を考えなければならない事態に陥る人も少なくないのです。

他にも、妊娠前は正社員として働いていたのが、出産後にパートとして再就職した場合、保育料がとても高くなってしまう場合があります。

それは、ただでさえ年齢が低ければ低いほど保育料が高いだけではなく、認可保育園の保育料は前年度の収入で決まるので、正社員の時の収入が基準となってしまい保育料が高くなってしまうからです。

転職サイトなど上手に利用しよう!

パートでの収入が保育料に見合わず転職や退職を考える人もいます。

介護士をしている女性の多くが出産後も介護の仕事を続けたいと考えています。

しかし、実際に仕事復帰をする際には、様々な壁が立ちはだかります。

ただ漠然と出産後も介護士としての復帰を考えていると、いざというときに仕事が続かずに転職・または退職をすることになってしまいますよ。

その壁を乗り越えるためには、あらかじめどのようなことがあるのかを考え、それを一つ一つ解決しておくことが必要なのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA